シナネン健康保険組合
サイト内検索
サイトマップ リンク集 個人情報保護について HOME
けんぽのご案内 ライフシーン検索 病気やけがをしたとき もっと知りたい健康保険 健診+健康づくり企画 申請書
HOME > 病気やけがをしたときは? > 自動車事故にあったとき

自動車事故にあったとき

 

 自動車事故などにあってけがをしたときは、健康保険で治療を受けることができます。事故にあったらすぐに健保組合に連絡してください。
 なお、この場合は、あなたが加害者に対して持っている治療費についての損害賠償請求権が健保組合に移りますので、注意が必要です。加害者があなたに治療費を支払ったときは、その限度で、健康保険の給付を受けられなくなります。



● 示談は慎重に!


 健康保険で治療を受けたときは、示談する前に健保組合に相談してください。勝手に加害者と示談することのないように願います。



手続き  

 自動車事故にあってけがをし、健康保険で治療を受けたときは、健保組合が後日加害者に対して、治療に要した費用を請求することになります。そのために、自動車事故によるけがの治療を健康保険で受けたときは、できるだけすみやかに「第三者の行為による傷病届」を健保組合に提出してください。

手続書類:

1.

「第三者の行為による傷病届」

2.

「交通事故証明書」など

※できるだけすみやかに提出してください。



■自動車事故にあったら

1.できるだけ冷静に

事故がおきたときは、ショックで冷静な判断を失うことがあります。できるだけ冷静に対処してください。

2.加害者を確認

確認することは、ナンバー、運転免許証、車検証などです。

3.警察へ連絡

どんな小さな事故でも、必ず警察に連絡しましょう。

4.示談は慎重に

自動車事故には後遺障害の危険がありますから、示談は慎重にしましょう。なお、健康保険で治療を受けるときは、示談の前に健保組合へ連絡しましょう。


? 《第三者の行為による傷病》とは→《第三者の行為》の具体例

 《第三者の行為による傷病》の事例としては次のようなケースが考えられます。

 

【交通事故などに関する場合】(例:自動車・バイク・自転車などの事故)

1.

第三者(相手側)との接触または衝突などの交通事故で受けたケガ・病気あるいは死亡

2.

同乗していた車が事故を起こしたことで受けたケガ・病気あるいは死亡(運転者が親族であっても該当)


【交通事故以外の場合】(暴力行為・スポーツ競技などの事故)

1.

第三者の暴力行為により受けたケガ・病気あるいは死亡

2.

スキー・スケート・サーフボートあるいはゴルフなどの遊戯中に第三者(相手側)との接触・衝突事故などにより受けたケガ・病気あるいは死亡

3.

他人の飼っている動物などに咬まれて受けたケガ・病気あるいは死亡

 

(注1)

以上につきましては相手が逃げて、不明の場合も《第三者の行為》となる場合があります。

(注2)

交通事故には上記以外に鉄道・航空機・船舶などに関わる事故があります。




インデックス ページの先頭へ

自動車事故にあったとき

  自動車事故にあったとき
インデックス